風月堂の和菓子

IMG_5189

1948年の創業以来、皆様に愛されてきました。

これからもたゆまぬ精進をして本物の美味しさを皆様にお届けいたします。

和菓子一覧

新商品

あんぱんまんじゅう
和菓子屋があんぱんを作ったらどうなるのか?
という疑問から始まったこの商品。

和菓子の焼き菓子の生地みたいな、サックリとした食感でもなく、パン屋さんのあんパン生地のもっちりした食感でもなく…
ちょうどその二つの食感の中間になっております。

正にこの商品名がふさわしい食感です!

130円(税込み)

どら焼き

どら焼き
当店イチオシの商品です。
北海道産の小豆100%の餡と特選された素材による生地のバランスは絶妙になっております。

昔ながらの和菓子

IMG_5317
40年以上作り続けている商品です。
地元酒蔵の酒粕を使用し、ふっくらと仕上げています。

十王銘菓

銘菓
旧十王町の名所、名跡をモチーフとしたお菓子です。


たつわれの栗



日立市(旧十王町)の奥深く、標高657メートルの堅破山があります。
平安時代後期、源頼朝の祖先である、「源義家」(八幡太郎義家)が奥州遠征の途中、
この地に立ち寄り、山中にある巨大な岩を刀で切りつけたところ、
見事に真っ二つに割れ、片方は立ち、片方は倒れたと言う珍しい
「太刀割り石」があります。

その太刀割り石を栗に見立て、黄身あんで丸ごと包み込んだ焼き菓子です。

141円(税込み)





日立市(旧十王町)には、
法鷲院という真言宗のお寺があります。
その法鷲院には、日本で25基目、昭和以降では、
初めての木造作りの五重塔があります。
新しい平和、子供たちの幸せを願って建立されたこの五重塔、
子供たちの幸せの意味でもある「曙」という字をとって、
子供たちでも食べやすい、ミルクあんの焼き菓子を仕上げました。

141円(税込み)


いぶき


いぶき樹叢とは、
大正11年に国の天然記念物に指定された植物です。
そのいぶき樹叢の生息出来る最北限が旧十王町で、
旧十王町の町木とされてきました。


141円(税込み)


宇宙の舞



1963年11月23日、
この日は日本初の衛星放送の日でした。

初の日米間テレビ衛星中継では、
大統領のメッセージが日本国民に対して放送される予定でしたが、
飛び込んできたニュースは、

「J.Fケネディ大統領暗殺」

という、世紀のニュースでした。
この衛星放送の映像の受信基地が、
旧十王町にあるパラボラアンテナです。
現在は、電波望遠鏡として宇宙の解明に役立っています。

十王銘菓、宇宙の舞は、
当時珍しかった和菓子にパイ生地を使ったお菓子です。
中には、杏を白あんで包んで、
甘酸っぱい酸味がさっぱりとした味わいになっています。


141円(税込み)


鵜の岬もなか(小豆・青のり)



全国的に有名な、「鵜飼い」。
鵜と言う鳥を漁に使う伝統的な漁法です。

その主役である「鵜」の捕獲地が、
全国で唯一旧十王町にある、鵜の岬です。
この地で捕獲された鵜は、全国の鵜匠のもとに送られます。

小豆は、北海道十勝産のものを使用し、
純国産の原料で作られています。

岬の磯の香りを感じてもらおうと、
もう一種類は海苔を練りこんで作られた、きんとんあんです。
あっさりした磯の香りを感じてご賞味ください。

141円(税込み)

季節の和菓子

DSC_7019
季節感満載のお菓子です。
その季節は満喫してもらえるお菓子を作っていきます。
ハロウィン