店主ごあいさつ

食べ物が満ち溢れる今、本物の味が忘れ去られようとしています。

そんな時代だからこそ、江戸時代から続く和菓子の製法を見つめなおし、

伝統とは何か。本物の味とは何か。

を常に考え、食材を吟味し、お客様に本物の味、本物のお菓子を食べて頂き、
「美味しい」「楽しい」と感じて頂き、当店に来た時よりも、笑顔になってお帰り頂けるお菓子を創り続け、お客様に幸せになって頂けるお店であり続けたいと思っております。

風月堂 イチオシのお菓子

詳しくはこちら

伝統の一品

かまくら大福

当店一番人気の生クリーム入り大福です。
販売開始は平成元年
約30年当店のNo. 1商品です。

当店の大福は機械では作ることが出来ません
なぜなら、機械では包めない大福生地の柔らかさ、生クリームの濃厚さは、職人の手でしか包むことが出来ず、職人の手でやっと究極の一品が完成します。

究極のこの一品と言い切るのは、この大福に使用される材料が他店では真似出来ないからです。
生地に使用される米粉は国内最高級品を、こしあんに使用されるのは、日本トップクラスの北海道十勝産、生クリームは北海道産の厳選されたものだけを使用しており、全ての素材が絶妙な味わいを作り出し、究極の一品に仕上がっております。

どら焼き

初代光彦の時代から68年作り続けている、当店の自慢のどら焼きです。

機械では出せない味を!と試行錯誤を繰り返して辿り着いたこの味。

機械で作るとどうしてもふっくらと厚みを持たせて生地を焼き上げるのは難しくなります。

そこで職人の技です。

一枚一枚、ふっくらとフワフワに焼き上げられるように、一枚一枚、手で焼きます。

機械では生地を押し出す為、どうしても生地がダメージを受けてしまいます。

ですが、職人が一枚一枚焼くと生地ダメージを最小限にとどめられ、ふっくら、フワフワに焼き上がります。

中のあんこも、国内トップクラスの北海道十勝産の国産小豆100%使用しています。

他店では食べられない、ふっくらと厚みのあるどら焼きです。

バナナクレープ

昭和60年の製造開始以来、30年以上作り続けられている商品です。

シンプルなクレープ生地の中にたっぷりの生クリームとバナナが入っています。

シンプルな組み合わせがまた食べたくなる一品です。

風月堂のブログ新着

詳しくはこちら
2018年2月17日 かまくら大福 新味!! かまくら大福に新味が出ました!! 期間限定のさくら味です。 普通のかまくら大福よりちょっと塩っぱいさくら餡を使用し、どこか懐かしい味に仕上げ...続きを読む
2018年2月15日 桜とら焼き。 昨年大好評だった桜のとら焼きが今年も販売を開始いたしました。 昨年よりも生地のしっとり感を増し、白の粒あんの存在感を引き立て、全体のバランスが絶妙...続きを読む
2018年2月14日 SAKURA水ようかん。 桜の季節が少しづつ近づいてきています。 先日のさくらのあんぱんまんじゅうに続いて、今度はSAKURAの水ようかんです。 ホロリとほどける口溶...続きを読む
2018年2月12日 新商品。   立春も過ぎ、暦上では春なのですが、まだまだ寒い日が続きますね。 ここで一つ、春の新商品のご案内です。 あんぱんまんじゅう...続きを読む
2018年1月2日 1月の休業日のお知らせ。 1月の定休日のお知らせ。 今月1月の定休日は 1月9日 1月16日 1月23日 1月29日30日 となっております。...続きを読む

店舗概要

詳しくはこちら
店名 風月堂
住所 〒319-1307
茨城県日立市十王町山部1773-1
電話番号 0294-39-3015
営業時間 8:00~19:00
定休日 火曜日
クレジットカード なし
平均予算 1,500円
駐車場 10台
店主 藤田正照

大きな地図で見る